CHECK

屋根塗装を検討中の方必見!依頼前に押さえておきたいお役立ち情報をご紹介!

こちらのサイトは、これから住宅の屋根塗装リフォームを検討している人に依頼する前に押さえておくべきお役立ち情報をご紹介しています。
押さえておくべきポイントは、塗装を依頼したときの一連の流れと塗装に使用する塗料には幾つかの種類があるなどの基本です。
一連の流れを把握することで、現在の作業がどのような工程になるのか分かるようになる、工程飛ばしなどの不具合が起こりにくくなるなどのメリットもあるので参考にされることをおすすめします。

屋根塗装を検討中の方必見!依頼前に押さえておきたいお役立ち情報をご紹介!

屋根塗装工事を依頼するときには、屋根の縁切りについて理解しておくことが大切です。
そのため、こちららのサイトは屋根塗装のお役立ち情報を分かりやすく解説しており、これを読んで知識として得ておけば業者を選ぶときのコツにも繋がります。
特に、屋根と屋根の間にある隙間は縁切りと呼ぶ道具を挿入するやり方が一般的になっているけれども、傾斜が緩いときなどは縁切りの道具は使えないので屋根塗装を終えた後に塗膜カッターを使って縁切りを行う必要があります。

屋根塗装の役割とは?定期的に塗装を実施すべき理由

一般的に屋根は新築の場合は10年、塗り替えをした場合は7~15年ほどを目安に塗装すべきとされていますが、何故屋根塗装が必要なのかという疑問を持っている方も少なくないでしょう。
屋根塗装は、見た目を美しく保つだけでなく、屋根を雨や紫外線などから守るという重要な役割があります。
そもそも、スレート・金属屋根・セメント瓦といった日本瓦以外の屋根は、雨や紫外線への耐性が高くありません。
そのため、塗装を行って表面に塗膜を形成しないと屋根はすぐに劣化してしまいます。
屋根の劣化は雨漏りの発生につながり、建物が深刻なダメージを受ける恐れがあるので注意が必要です。
また、屋根塗装の効果は半永久的に続くわけではなく、時間とともに劣化していきます。
劣化スピードは使用する塗料によって異なりますが、どのような塗料も必ず劣化するので建物の寿命を延ばすためには定期的に屋根塗装を行うことが重要です。
なお、塗料によっては遮熱・断熱・防カビ・防汚といった機能を付加することができます。
例えば、遮熱機能を持った塗料を使うと、屋根の表面温度を最大で20℃ほど下げることができるので、夏場でも建物内の温度上昇を最小限に留めることが可能です。

屋根塗装を検討すべきタイミングとは?

屋根塗装は、建物の外観を美しく保つとともに、屋根を雨や紫外線などの外的要因から守るという重要な役割があります。
一方で、屋根表面に施された塗膜は時間経過とともに徐々に劣化していくため、屋根塗装は定期的に実施する必要があります。
屋根塗装を検討すべきタイミングは、使われている塗料の種類にもよりますが、一般的には新築の場合は10年、過去に塗り替えを行っていた場合は7~15年ほどが目安です。
また、目安となる年数を迎えていない場合でも、劣化症状が確認できた場合は塗装を検討しましょう。
具体的な劣化症状としては、屋根材のひび割れ、塗膜の剥がれ、カビ・コケ・藻・サビの発生、色褪せなどが挙げられます。
屋根は日常生活の中では目にする機会が少ないものの、定期的に遠くから屋根を眺めてみて劣化症状が出現していないか確認することが大切です。
特に、ひび割れや剥がれといった症状は、塗膜がかなり劣化している可能性が高いです。
塗膜の劣化は雨漏りにつながるので、ひび割れや剥がれを発見した場合は早急に屋根塗装を実施しましょう。

屋根材によっては屋根塗装は不要!

建物の屋根は常に風雨や直射日光にさらされており、劣化が進みやすい部分といえます。
そのために定期的なメンテナンスが不可欠であり、具体的にいえば屋根塗装などがそのようなメンテナンスのひとつに挙げられます。
一般に洋風建築に使われているスレート瓦、あるいは安上がりなことから簡易な建物にも多用されるトタン屋根などは、こうした定期的な屋根塗装がぜひとも必要な屋根材にあたります。
ガリバリウム鋼板などはさびに強いためトタンほどではありませんが、やはり耐用年数がありますので同様に塗り替えを検討する時期がやってきます。
しかし実は建物の屋根材によっては屋根塗装が不要なケースも存在します。
典型的な例としては粘土瓦が挙げられ、これには素焼瓦や釉薬瓦などのいくつかのバリエーションがみられます。
もちろん塗装をしようとしてできないこともないのですが、塗料の密着性がよいとはいえず、すぐに剥がれてしまうことが多いのが難点です。

屋根塗装を依頼するのにおすすめの季節はある?

屋根塗装は、基本的に1年中依頼することができますが、塗装作業は天候に大きく左右されます。
屋根塗装に使われる塗料は、気温が5℃以下、湿度が85%以上の条件では施工できないと定められています。
また、塗料が流れ落ちてしまう雨や雪の日、塗料が周囲に飛散する恐れがある強風の日も塗装作業は行えません。
このような理由から、屋根塗装は春もしくは秋に実施するのが適していると言われています。
春や秋は、塗装に適した気温・湿度なので、施工中に雨や台風がなければスムーズに作業が進みます。
一方で、春や秋は屋根塗装を行う方が増えるシーズンでもあります。
他の季節と比べて予約が取りにくくなるので、春や秋に塗装を行う際は早めの予約が肝心です。
また、夏については梅雨の時期が過ぎていれば、塗料が乾きやすいため作業が早く進むというメリットがあります。
しかし、施工中は養生によって窓が開けられない日もあるので、事前に確認しておくことが大切です。
冬は、気温が下がるとともに、夜露や霜などの影響で作業が滞る恐れがあります。
ただし、頻繁に雪が降らない地域であれば、乾燥しているので塗料の乾きは早いです。
このように、屋根の塗装は1年中依頼できるものの季節ごとに一長一短があるので、緊急を要さないのであれば慎重に時期を見極めましょう。

屋根塗装に関する情報サイト
屋根塗装のお役立ち情報

こちらのサイトは、これから住宅の屋根塗装リフォームを検討している人に依頼する前に押さえておくべきお役立ち情報をご紹介しています。
押さえておくべきポイントは、塗装を依頼したときの一連の流れと塗装に使用する塗料には幾つかの種類があるなどの基本です。
一連の流れを把握することで、現在の作業がどのような工程になるのか分かるようになる、工程飛ばしなどの不具合が起こりにくくなるなどのメリットもあるので参考にされることをおすすめします。

Search